菩薩
 菩薩とは本来、悟りを求めるものという意味であり、悟りを開く以前の釈迦、とくにその前生をさしたが、大乗仏教の時代になって様々な仏の存在が考えられるようになり、如来になることが予定された尊格をはじめ、真理を求めて修行に励む人全てを総称するようになる。

聖観音
十一面観音
千手観音
馬頭観音
准低観音
不空羂索観音
如意輪観音
地蔵菩薩
文殊・普賢
虚空蔵菩薩
勢至菩薩