十一面観音

 最も早い時期に成立した変化観音である。多くの十一面観音像は頭部正面に、阿弥陀如来の化仏(けぶつ)をいだき、頭上には仏面、菩薩面、瞋怒面(しんぬめん)、狗牙上出面(くげじょうしゅつめん)、大笑面など、人間の喜怒哀楽を表現した面を乗せ、右手を垂下し、左手には蓮華を生けた花瓶を持っている。


ツゲ
唐草光背
総高(cm)

36cm







本体(寸)

6寸







淡彩切金
宝珠光背
総高(cm)

47cm







本体(寸)

8寸







淡彩切金
飛天光背
総高(cm)

80cm







本体(寸)

12寸







金箔
飛天光背
総高(cm)

80cm







本体(寸)

12寸







淡彩切金
宝珠光背
総高(cm)

115cm







本体(寸)

18s寸








Copyright(C)2007 KYOBI BUTSUZOU CO.,LTD All rights reserved. 禁無断複製、無断転載
このホームページに掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。